東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

越谷の魅力がドラマに 来年2月放送 NHKが製作発表

ドラマの衣装で会見に臨む佐藤さん(左)、佐久間さん(中)と竹下さん=さいたま市内で

写真

 二〇一八年二月にNHKで放送される越谷市を舞台にした地域ドラマ「越谷サイコー」の製作発表が八日、さいたま市岩槻区であった。出演者たちが会見し、主演の佐久間由衣さんは「撮影が始まったばかりで探り探りだが、一生懸命いい作品を作りたい」と意気込んだ。

 「越谷サイコー」は、佐久間さん演じる越谷育ちの加奈子と同居する祖母、先祖の幽霊の三人を中心に展開。古い蔵で突然出会った幽霊を利用し、加奈子が古い自宅を売ろうと試みるコメディードラマだ。

 作品では、ベッドタウン化が進み増えていく現代的な街並みや、かつて日光街道の宿場町として栄えた歴史的な側面など、越谷市の魅力にも触れられる。

 祖母は竹下景子さん、幽霊は佐藤二朗さんが演じる。撮影は越谷市やさいたま市で十二月中に行われ、二〇一八年二月二十八日にBSプレミアムで公開される予定。 (牧野新)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報