東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

県警と地域FM、提携し情報発信 「発するFM」で7局目

協定書を持つ上杉さん(左)と千装部長=県警本部で

写真

 コミュニティーFMと協力して地域の犯罪情報を発信しようと県警は、三芳町を拠点とする「発するFM」と協定を結んだ。重大犯罪の発生や、その犯人の逮捕状況をラジオで伝える。

 県警はすでに県内の六局と提携しており、今回が七局目。「発するFM」は七月に開局し、富士見市、ふじみ野市と三芳町の全域と、志木市と所沢市の一部地域の情報を発信している。

 県警の千装次男生活安全部長は「危険な情報をいち早く発して住民の安全に貢献してほしい」と要望。「発するFM」を運営するNPO法人代表理事の上杉真由美さんは「地域が安心安全であることは子育てなどにも重要。一人でも多くの人が安心できるような情報を伝えたい」と意気込んだ。 (牧野新)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報