東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

うどん・こいのぼり検定で加須をPR 受検者を募集

受検者に事前に渡される「加須うどん・こいのぼり検定」の問題集

写真

 加須市は来年二月十一日、市役所五階会議室で、特産品のうどん・こいのぼりの知識を問う検定を実施する。市の魅力発信や特産品のPRが目的で、五回目。一月三十一日まで受検者を募集している。

 小学生、中学生が対象の「初級編」(制限時間三十分)と小学生以上の「上級編」(同四十五分)がある。出題されるのは「加須に関する総合問題」も含め、初級編は二十五問、上級編は五十問。問題は四択で、おおむね七割以上の正答率で合格となる。

 検定料(初級編百円、上級編三百円)を添えて市シティプロモーション課に申し込む(土日、祝日、年末年始を除く)。定員は初級編が先着五十人、上級編が同百人。

 受検者全員に市のPR用絵はがきセット、合格者には合格証と「加須手打うどん会」加盟店で使えるうどん食事補助券も贈る。

 担当者は「加須のことを知っていただきたいので、どんどん受検してほしい」と話している。問い合わせはシティプロモーション課=電0480(62)1111=へ。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報