東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

荘厳、あしがくぼの氷柱 横瀬、きょうから一般公開

青い光でライトアップされた氷柱=横瀬町で

写真

 秩父の厳寒が形づくる「あしがくぼの氷柱」(横瀬町芦ケ久保)が五日夜、報道陣に公開された。六日から始まる一般公開を前に、関係者が氷柱の出来栄えを確認した。二月二十五日まで。

 あしがくぼの氷柱は、芦ケ久保地区へ観光客を誘致しようと、町観光・産業振興協会氷柱部会が二〇一四年から毎年この時期に実施しており、今年で五回目。

 氷柱は山の斜面に高さ三十メートル、幅約二百メートルにわたって形成。横瀬川水系の沢から取水し、スプリンクラーやホースでまいて氷にする。今年は昨年より明け方の冷え込みが厳しく、氷が大きいという。

 月〜木曜は午前九時〜午後四時。金、土、日曜と祝日は日没後から午後八時までライトアップされる。環境整備協力金として中学生以上は三百円が必要。

 問い合わせは横瀬町ブコーさん観光案内所=電0494(25)0450=へ。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報