東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

新春の花・ロウバイ 長瀞で咲き始める

黄色い花を付け始めたロウバイ=長瀞町で

写真

 長瀞町の宝登山で、新春の花ロウバイが咲き始めた。光沢のある黄色い小花が秩父の町を見渡す山頂に甘い香りを漂わせている。見頃は二月中旬ごろまで。

 ロウバイは山頂近くの一万五千平方メートルに約三千本。町観光協会によると、今季は年末からの寒さで開花が二週間程度遅れており、九日現在、西側の斜面で二〜三分咲きとなっている。

 山頂には、山麓の宝登山神社で初詣を済ませた後、ロープウエーで訪れる観光客の姿が見られた。かぐわしい香りを感じようと顔を花に近づけたり、青空と花をスマートフォンで撮影したりして楽しんでいた。

 十三日〜二月十二日まで「ロウバイまつり」が開かれ、長瀞駅前と山麓の駐車場を結ぶ無料シャトルバスの運行や、駅前での麦茶の無料サービス(時間限定)などがある。

 問い合わせは長瀞町観光協会=電0494(66)3311=へ。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報