東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

アジア・エアガンの金メダリスト 小西さんが和光市長訪問

和光市の松本武洋市長(左)らから拍手で迎えられた女子エアピストルの小西ゆかりさん=和光市役所で

写真

 昨年十二月、二十七の国と地域が参加して和光市で開かれたアジア・エアガン選手権「女子十メートルエアピストル」で金メダルを獲得した同市在住の小西ゆかりさん(39)=飛鳥交通勤務=が十二日、市役所を表敬訪問。松本武洋市長に「二年後の東京五輪で表彰台に上る鮮明なイメージを持ちながらトレーニングを続けたい」と意気込みを語った。

 エアピストルは十メートル先の固定された標的に弾を発射し、点数を競う。小西さんは、アジア記録を更新するスコアで初優勝。地元の大会で力まずに撃つことができたといい、「地元の友人や子どもたちの声援も、大きな励みになった」と振り返った。

 東京五輪の競技会場(陸上自衛隊朝霞訓練場)も、自宅から歩いて行ける距離だという。二〇〇四年アテネ、一二年ロンドンに続く、三度目の五輪出場権を得られれば、地元の大声援を背に競技に臨めそうだ。

 松本市長は「小西さんのおかげで、東京五輪が楽しみになった市民がたくさんいる。けがのないよう試合に臨んでほしい」とエールを送った。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報