東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

旗とダンスで県警PR カラーガード隊員募集

県警の定期演奏会で演技を披露するカラーガード隊員=さいたま市大宮区のソニックシティで

写真

 県警は、交通安全イベントなどで旗を持ったダンスで音楽隊を先導する「カラーガード隊」の新入隊員を募集している。申し込みは二十三日まで。

 カラーガード隊は音楽を通じて警察活動を広く知ってもらうことなどを目的に活動している。採用されれば県警非常勤職員となる。原則週五日勤務で、交通安全や防犯などのイベント出演、小学校への訪問のほか、ダンスの訓練なども行う。

 現在、隊員は十二人。二〇一六年はさいたま市大宮区のソニックシティ大ホールで行われた県警音楽隊の定期演奏会や県、市町村主催の行事など約二百回のイベントに参加し、約二十五万人に演技を披露した。

 募集人数は五人程度。年齢や居住地、経験は問わない。選考日は二月三日、作文、面接、簡単な実技試験が行われる。月給は十七万五千五百円。任期は四月一日から一年間で、再任用される場合もある。申込書は各署で配布されているほか、県警ホームページからダウンロードできる。

 県警広報課の松永佳夫次席は「経験は問わないので、興味のある人はぜひ応募してほしい」と呼びかけている。

 問い合わせは県警広報課=電048(832)0110=へ。 (西川正志)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報