東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「公約実現へ全力で」 本庄市長選 吉田さん無投票4選

無投票4選が決まり、花束を贈られほほ笑む吉田信解さん(左)=本庄市で

写真

 本庄市長選が二十一日告示され、立候補を届け出たのは無所属現職の吉田信解(しんげ)さん(50)だけで、吉田さんの四選が決まった。同市本庄の事務所には大勢の支援者らが集まり、吉田さんと喜びを分かち合った。

 吉田さんは四期目の抱負として「公約実現のため、山あり谷ありだと思うが全力で成し遂げたい。市民の皆さんの私への信頼を糧に、荒波に向かって再びこぎ出したい」と語り、気合を入れていた。

 吉田さんは旧本庄市の市長を一期務めた後、合併後の新市の市長に無投票で当選。無投票で当選するのは前回二〇一四年の市長選に続き二回連続。

 吉田さんは「支え合い、新たに挑むまちづくり」をスローガンに、妊娠・出産・子育てに関する切れ目のない支援体制の構築やインフラ整備、企業誘致、若者の定住支援などの公約を掲げた。

◆市議選は28人出馬

 一方、同日告示された市議選(定数二一)に対し現新二十八人が立候補し、選挙戦に突入した。投票は二十八日に行われ、即日開票される。二十日現在の選挙人名簿登録者数は六万五千三百四十六人。 (花井勝規)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報