東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

県北部で広がるクビアカツヤカミキリ被害 県が対策本格化

写真

 サクラの木を食い荒らす外来種の昆虫「クビアカツヤカミキリ」=写真、県提供=の被害が県北部を中心に広がっている問題で、県が対策を本格化する。手引の作成や説明会の開催で対処法を周知し、県民の力を借りた実態調査にも乗り出す。(井上峻輔)

 クビアカツヤカミキリは中国やベトナム原産。成虫の体長は二・五〜四センチで、サクラなどバラ科の樹木に産卵する。幼虫は木の内部を食べながら二〜三年かけて成長するため、一本の木に複数の幼虫が入ると内部が空洞化して木が枯れてしまう。今月十五日には国が特定外来生物に指定した。

 県内では二〇一三年に草加市のサクラの名所・葛西用水で成虫が見つかり、約百五十本が被害に遭った。その後は被害は確認されていなかったが、昨年の県の調査で、熊谷、行田、加須、羽生、深谷、越谷の六市の学校や公園のサクラ計二十五本でも見つかり、被害の広域化が明らかになった。

 さらなる被害拡大を防ぐために県が重視するのは、県民に正しい知識を伝えることだ。

 クビアカツヤカミキリがすみ着いた木からは、木くずとフンが混ざった「フラス」が根元に排出される。幹にはフラスを排出した穴や成虫の脱出孔も残るので、発見は比較的容易だ。駆除には針金や市販の農薬、防護ネットなどを使い、一般の人でもできるという。

 県は「被害防止の手引」を七千部作成し、各環境管理事務所や市町村に配布。説明会は二月一日に幸手権現堂桜堤(幸手市)の関係団体を集めて行うのを皮切りに、県内各地で開く。春からは各地のサクラ保存活動団体などに協力を依頼し、県民参加による被害の実態調査を行うという。

 県の担当者は「繁殖力が強いために被害の拡大や広域化が懸念され、水際で防ぐことが重要。県民と協力して対処したい」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報