東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

来月3日の節分会に備え 總願寺でたいまつ作り

写真

 加須市の不動ケ岡不動尊總願寺で二月三日に行われる節分会「鬼追い豆まき式」を前に、市内のとび職人らによるたいまつ作りがあった。

 たいまつは長さ三メートル余りで、心棒の周りに竹を重ねて縄などで縛って作り上げた=写真。

 市商業観光課によると、鬼追い豆まき式は、燃え盛るたいまつを「赤鬼」が振り回して本堂の回廊を駆け巡る珍しい行事。正午、午後四時、同八時半の三回、大護摩供とともに行われる。

 同寺本尊の不動明王の火炎は人々の煩悩などを焼き尽くすとされ、大護摩供でたかれた火は参拝客に授けるため、たいまつに移されるという。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報