東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「ニャオざね」ストラップに 熊谷市が発売

写真

 熊谷市は市のマスコットキャラクター「ニャオざね」のぬいぐるみストラップとマスキングテープを発売した。

 ぬいぐるみストラップはてのひらサイズで、高さ12センチ。価格は税込み700円。製作数は2000個。マスキングテープは1.5センチ幅で、白と青の2種類。同300円でそれぞれ760個製作した。売り切れ次第販売は終了する。

 市は2015年以降、ニャオざねのぬいぐるみを大きさやデザインを変えて5回発売し、計4000個を売り上げた。ファンから「持ち歩けるようにもっと小さなぬいぐるみ商品がほしい」との要望に応えた。

 昨年末時点で、市が発売したニャオざね関連グッズは27種類に及び、約3万300個が売れた。売れ筋はぬいぐるみやタオル地のハンカチ、筆記具という。

 問い合わせは市民活動推進課=電048(524)1111、内線330=へ。 (花井勝規)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報