東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

埼玉大が梶田隆章賞を創設 大学院予定の学生対象

 埼玉大(さいたま市)は本年度から、同大出身で二〇一五年にノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章さんの名を冠した「梶田隆章賞」を創設した。その年の学部卒業生から受賞者一人を選出。三月二十七日の卒業式で第一回の表彰をする。

 梶田さんは一九八一年に同大理学部を卒業し、東大大学院に進学。現在は東大宇宙線研究所の所長を務めている。賞は梶田さんからの寄付を基に設立した。

 表彰の対象は、成績優秀で高い志を持ち、大学院修士か博士前期課程に進学予定の学生。学部は文系理系を問わず、埼玉大の大学院以外に進学する学生も対象にする。

 受賞者には賞状と奨学金五万円が贈られる。同大は「賞をきっかけに梶田さんに続く次世代の研究者が一人でも多く出てきてほしい」としている。 (井上峻輔)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報