東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

免許返納 バス無料の対象拡大 熊谷市、経歴証明書でOK

写真

 高齢ドライバーの免許返納を後押ししようと熊谷市は四月一日から、運転免許を返納した人に交付される「運転経歴証明書」を提示すれば、市内のコミュニティーバス「ゆうゆうバス」(乗車料百円、全六路線)を無料にする。年齢や住所は問わないため、市外在住者も利用できる。運転経歴証明書の提示でバスを無料化するのは「県内の自治体で初めて」という。

 熊谷市は二〇一〇年から、七十歳以上の免許返納者を対象にゆうゆうバスの無料乗車証を配布してきた。申請には市役所の窓口で手続きが必要なうえ、運転経歴証明書の取得率が約九割と高いため、簡素化することにした。無料乗車証の配布は継続する。

 熊谷市の調べでは、県内の自治体のうち同市を含め七市が高齢ドライバーの免許返納者を対象にコミュニティーバスの無料化などの取り組みを実施している。所沢市は、返納した時点に六十五歳以上の市民で、返納から一年以内の人に限り「ところバス」の無料定期券や回数券を配布している。いずれも市役所での手続きが必要なうえ、一定の制限を設けている。

 熊谷市の新たな取り組みは、県警が進める運転経歴証明書の提示で各種特典が受けられる「シルバー・サポーター制度」の一環。 (花井勝規)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報