東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

頂点目指し9チーム 羽生で新人戦が開幕 東京新聞旗少年野球

写真

 第17回羽生市スポーツ少年団教育長杯東京新聞旗争奪新人交流野球大会(東京新聞、東京中日スポーツなど後援)が三日、羽生市で開幕した。市内から9チームの小学五年生以下の選手が参加し、頂点を目指す。

 羽生中央公園野球場で開会式があり、選手たちが元気に入場行進した。

 羽生市の秋本文子教育長が「皆さん、最後の最後まで頑張りましょう」と選手たちを激励。選手約120人を代表して、井泉MAXの五月女快主将が「チームメートと力を合わせ、精いっぱいプレーすることを誓います」と宣誓した。

 この日は同野球場と隣接する自由広場で1、2回戦計5試合があった。準決勝と決勝は四日に行われる。

 ▽1回戦

M2ツイスターズ12−1大和スピリット

 (三回コールド)

新郷マリナーズ3−1手子林ブラックス

スラッガークラブ5−4元町ブレーブス

須影少年野球11−3井泉MAX

 (五回コールド)

 ▽2回戦

羽生南ウイングス8−7M2ツイスターズ

 (五回時間切れ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報