東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

春告げる長瀞火祭り 修験者ら一心不乱に

燃え盛る火の中を駆け抜ける修験者=長瀞町で

写真

 秩父路に春の訪れを告げる「長瀞火祭り」が四日、長瀞町の長瀞不動寺前広場であった。修験者や一般の参列者らが、燃え盛る炎の中を歩いた。

 火祭りは、参列者の家内安全や商売繁盛などを祈願して、長瀞火祭り奉賛会が毎年この時季に開催、今年で四十一回目となる。

 京都・醍醐寺の修験者らが、ほら貝を吹き鳴らしたり護摩木をたいたりして祈りをささげた。続いて修験者と参列者が、ヒノキの葉に火を付けてつくった「火渡り道場」を一心不乱に渡っていた。

 熊谷地方気象台によると、秩父地方はこの日、最高気温が二一・三度に達した。初夏のような日差しを手で遮りながら、古式ゆかしい祭事を見ようとする市民たちの姿が見られた。(出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報