東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

コアラ赤ちゃん、母親の袋から顔 県こども動物自然公園

母親クインにしがみつく赤ちゃん=東松山市で

写真

 県こども動物自然公園(東松山市岩殿)は、コアラの赤ちゃんが母親の袋から顔を出したと発表した。

 同公園によると、赤ちゃんは雄のコロン(3歳)と雌のクイン(2歳)の子で、昨年8月31日に生まれた。クインも同公園生まれで今回が初めての出産だった。

 コアラの赤ちゃんは生まれるとすぐに母親のおなかの袋に移動して、約半年を袋の中で過ごす。順調に育っており、今後は母親にしがみついたり、動き回ったりする姿が見られるようになるという。 (中里宏)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報