東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

さいたま市の農業情報が一冊に 「トレトリ」18年版

さいたま市が配布を始めた地元農業の情報ガイドブック「トレトリ」=同市で

写真

 さいたま市は、地元農業の情報をまとめたガイドブック「トレトリ」の二〇一八年版を作った。市発祥のサツマイモ「紅赤(べにあか)」が今年で百二十周年を迎えることから、紅赤の歴史や紅赤を使ったレシピなどを紹介する特集を載せた。

 トレトリは市の農産物PRや地産地消の推進を目的に、一五年から毎年発行。市内にある直売所や観光農園、体験農園など百十八カ所の情報を盛り込む。

 紅赤特集は、戦前に県内でサツマイモの作付面積の九割を占めて「さつまいもの女王」と呼ばれた歴史を紹介。戦後に新品種ができて全国的に生産量が減るも、伝統野菜を見直す機運から近年市内で栽培が復活している動きや栽培方法の解説、紅赤を使った新たな加工品情報を掲載した。

 市内で活躍する女性農業者の特集もある。市の担当者は「トレトリで地元農業に興味を持ってもらい、直売所や観光農園に足を運んでほしい」と話す。

 A5判、百十七ページ、八千部発行。見開きの地図版も三千部作った。市農業政策課のほか、区役所や農業関連施設で無料配布中。

 問い合わせは、同課=電048(829)1378=へ。  (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報