東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「キャプテン翼」巨大ステンドグラス 浦和美園駅に登場

浦和美園駅に登場した「キャプテン翼」の巨大ステンドグラス=さいたま市で

写真

 埼玉高速鉄道浦和美園駅(さいたま市緑区)の2階コンコースに、人気サッカー漫画「キャプテン翼」をモチーフにした巨大ステンドグラスが登場した。近くに埼玉スタジアムがあり、サッカー観戦で訪れた人々の人気を集めている。(藤原哲也)

 日本交通文化協会が企画・制作したパブリックアートで、原作者の高橋陽一さんが原画を手掛けた。大きさは縦一・五九メートル、幅一九・七五メートル。主人公の大空翼をはじめ、登場キャラクターが日本代表のユニホーム姿などで躍動する。

 十一日に高橋さんや清水勇人市長、日本サッカー協会の田嶋幸三会長らが出席して除幕式があった。作品を通じて高橋さんは「日本代表を応援する気持ちを込めてデザインした。この場所を訪れた人の心を少しでも動かせたらうれしい」とコメントした。

 スタジアムで試合のある日は観戦者が写真を撮影しているといい、広報担当の栗原彰さん(42)は「二〇二〇年にはここで東京五輪が開かれる。海外でも人気のキャプテン翼は国内外のスタジアム来場者にインパクトがある。街のランドマークとして大事にしたい」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報