東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

東松山の魅力PRするよ! 市、だいたひかるさんら「応援団員」5人を委嘱

森田光一市長(中央)から応援団員を委嘱された(左から)八香さん、だいたひかるさんとボヨンボヨンの2人=東松山市で(市提供)

写真

 東松山市は各界で活躍する市ゆかりの人たちに、市の魅力をPRしてもらうため、お笑い芸人のだいたひかるさんら五人に「東松山市応援団員」を委嘱した。昨年は八人を委嘱しており、応援団員は計十三人となった。

 応援団員には東松山の観光情報などをまとめた十二ページの折り畳み式名刺を百枚渡し、日常活動で配ってもらう。

 新たに委嘱されたのは、だいたさんのほか声楽家(メゾ・ソプラノ)の林美智子さん、宝塚歌劇団出身のヨガインストラクター八香(やつか)さん、お笑いコンビ「ボヨンボヨン」の岡本昌典さんと山本修平さん。

 東松山市出身で最近は文房具デザイナーとして活躍するだいたさんは「学生時代の多感な時期を過ごした。今では電車の便もよくなり、ファミリー層が増えて、町がにぎわってくれるとうれしい」とコメント。

 ボヨンボヨンは応援団員見習いとして委嘱。ツイッターで東松山の魅力をおもしろおかしく紹介し、フォロワー三千人を達成したら応援団員に昇格する趣向という。 (中里宏)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報