東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

600本の桜見頃 岩槻城址公園で きょうまでまつり

琴の演奏とともに桜を楽しむ来園者たち=さいたま市で

写真

 さいたま市岩槻区太田の岩槻城址(じょうし)公園で三十一日、恒例の桜まつりが始まった。四月一日まで。見頃を迎えた約六百本の桜を楽しみながら園内を散策する人々でにぎわっている。

 今年で四十一回目を迎えたイベントで、公園のシンボルである八つ橋を中心に屋台などが多数出店。フリーマーケットや植木草花の販売コーナーもあり、多くの人が立ち寄った。

 初日は地元グループによる琴の演奏があり、散り始めた桜の下で和の音色を楽しむ人々が目立った。近くに住む矢嶋士郎さん(78)は「今年は開花が早かったけど、桜吹雪が見られてちょうど良かった」と満足そうに桜を見上げていた。

 桜まつりは午前十時〜午後四時。会場では花の種の無料配布や四月一日は和太鼓の演奏がある。八日までの午後六時〜九時はライトアップもしている。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報