東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

来年11月4日、浦和で「JBC」 GI級3レース 地方競馬の祭典

 競馬最高峰のGI級競走を1日3レース行う地方競馬の祭典「JBC」が、2019年11月4日に浦和競馬場で開催されることが決まった。浦和でのJBC開催は初。JBCの実行委員会が決定し、県とさいたま市でつくる県浦和競馬組合が発表した。

 JBCは米国のブリーダーズカップを手本に、ダート(砂)競走の魅力向上や地方競馬の発展などを目指して2001年に創設。南関東に4場ある地方競馬のうち、浦和以外の3場(大井、川崎、船橋)は開催済みで、地元ファンにとっては待望の開催となる。

 3レースは中距離の2000メートルで最も賞金が高い「クラシック」、短距離の1400メートルで争う「スプリント」、牝馬のみが走る1400メートルの「レディスクラシック」。例年日本中央競馬会(JRA)で活躍する強豪馬も多数参戦するため、多くの売り上げが見込まれる。

 JBCの過去3年間の馬券売上額が46億〜48億円であることを踏まえ、組合は来場者3万人、売り上げ60億円の目標を掲げている。

 組合管理者の上田清司知事は「御選定いただき誠に光栄。成功に向けて関係者一丸となって取り組む」とコメントしている。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報