東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「金メダル 声援のおかげ」知事に報告 平昌パラリンピックで活躍・村岡桃佳選手

上田知事にメダルを見せながら報告する村岡選手(右)=県庁で

写真

 平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー(座位)で金を含む五つのメダルを獲得した深谷市出身の村岡桃佳選手(21)が5日、県庁を訪れ、上田清司知事に結果を報告した。

 五つのメダルを見せながら村岡選手は「(5種目参加で)厳しい日程となり、体力的・精神的にもつらかったが、声援のおかげですべてでメダルがとれた」と笑顔で振り返り、「一番いい色のメダルで感謝の気持ちを表したかった。本当に持って帰れて良かった」と喜びを語った。

 快挙をねぎらった上田知事は、県体育賞会長特別賞を贈呈するとともに、2019年ラグビーワールドカップと20年東京五輪・パラリンピックの広報大使「SAITAMA PRIDE スペシャルアンバサダー」を委嘱。村岡選手は「大会をもっと知ってもらえるように貢献していきたい」と意気込んでいた。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報