東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

所沢に二子山部屋 元雅山関が市長に報告

所沢市に宛てた色紙を披露する二子山親方=市役所で

写真

 大相撲の二子山親方(40)=元大関雅山=が六日、所沢市役所を訪れ、一日付で同市北岩岡に二子山部屋を新設したと藤本正人市長に報告した。市内に相撲部屋ができたのは初めて。県内には入間川(さいたま市)、湊(川口市)などの部屋がある。

 二子山親方はこれまで藤島部屋の部屋付き親方だった。「独立したいと後援会の方々に相談したところ、所沢(の一軒家)を紹介された。のどかで力士を強くする環境としてはありがたいと判断した」と打ち明けた。

 弟子は六人で、うち三人が今年二十歳になるという。本格的な稽古は土俵の補修工事が完了する二十日すぎからを予定している。

 地域貢献の一環として、所沢で行われている子どもたちの「わんぱく相撲」に積極的に関わる方針といい、「将来は北勝富士関のような、市内出身の強い力士を育てたい」と意気込んだ。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報