東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

さいたまクリテリウム 今年は11月4日開催

「マイヨジョーヌ」をまとった選手を全面に出した大会ポスターのデザイン

写真

 さいたま市で毎年秋に開かれる国際自転車ロードレース大会「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の実行委員会は、今年の大会の開催日を十一月四日に決めた。さいたま新都心駅周辺を舞台に、一周約三キロの周回コースで熱戦が繰り広げられる。

 世界最高峰の大会「ツール・ド・フランス」の名を冠し、その年の同大会で活躍した選手が来日するイベントとして定着。今年で六回目の開催となる。

 コースは昨年からゴール直前の約三百メートルが直線となり、終盤のスプリント勝負が期待されるほか、二カ所の一八〇度コーナーが設定され、選手同士の駆け引きが間近で観戦できる。出場選手や競技内容は今後決まる。

 大会ポスターの図案は、ツール・ド・フランスの個人総合優勝の証しとなるジャージー「マイヨジョーヌ」をまとった選手のイラストを中心に、躍動感あるデザインとなった。

 大会当日は家族連れが楽しめる「サイクルフェスタ」、地元の食や郷土品を販売する「さいたまるしぇ」も同時開催する。市によると、昨年は十万人が来場。市内で九億円余りの経済波及効果があった。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報