東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

銭湯で音楽のシャワー さいたまの鹿島湯で14日・来月20日にコンサート

会場になる銭湯でコンサートをPRする坂下さん=さいたま市南区で

写真

 銭湯で湯船ではなく音楽につかりませんか−。さいたま市南区別所三の鹿島湯で十四日と五月二十日、音楽コンサートが開かれる。脱衣所と休憩スペースを会場にソプラノ歌手とギタリストが自慢の音楽を披露する。

 富士山が映える浴場に、薪を燃やすための煙突。昭和の名残を色濃く残す銭湯でのコンサートを思い付いたのは、近くに住むソプラノ歌手福島聡子さん。鹿島湯を訪れた際「レトロな雰囲気。歌えたらすてき」と感じた。

 年々客足が減っていたことなどから「汗を流すだけでなく、地域住民の交流の場になること」を目指している三代目店主の坂下三浩さん(50)は、二つ返事で了承した。

 十四日午後六時から福島さんが、五月二十日正午にはギタリストの久保田耕生(こうせい)さんが登場する。福島さんはクラシック曲を、久保田さんはスタジオジブリの曲などを披露する。コンサート後は足湯を楽しめる。

 坂下さんは「銭湯で音楽を楽しんでもらう新しい取り組み。来たことがない人もぜひ足を運んでほしい」と話した。

 料金は前売り税込み二千円、当日同二千五百円。中高生は同千円、小学生は同五百円。問い合わせは鹿島湯=電048(861)7007=へ。 (牧野新)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報