東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

大人の500円コンサート 26日 所沢「ミューズ」で開催

デンハーグピアノ五重奏団の皆さん(ミューズ提供)

写真

 所沢市の市民文化センター「ミューズ」大ホールで二十六日、世界的に珍しいフォルテピアノなどを使用して、シューベルトの楽曲を演奏する「大人のための500円コンサート」が催される。演奏後には貴重な楽器の見学会も予定している。 (加藤木信夫)

 このコンサートは子育てが一段落したり、仕事をリタイアしたりした大人たちに、ゆったりとクラシック音楽を楽しんでもらおうと、二〇一〇年から年三回のペースで行われている。

 今回演奏するのは十九世紀前半、シューベルト時代の古楽器フォルテピアノ、コントラバス、チェロ、ビオラ、バイオリンで編成する「デンハーグピアノ五重奏団」。シューベルトのピアノ五重奏曲「ます」全曲を奏でる。

 中でも注目されるのが一八三五年ごろ、プラハのピアノ製作職人が完成させたフォルテピアノ。現代ピアノのような大音量は出せないが、当時流行した繊細で優しい音色を楽しめる。

 白鍵には真珠層を持つ貝殻が、黒鍵には金箔(きんぱく)の下地にべっ甲が張られるなど贅(ぜい)を尽くした仕上がり。

 ミューズによると、このピアノには欧州の名門王家「ハプスブルク家」の紋章(双頭の鷲(わし))関連と思われる鷲の模様が入っていたり、楽器の脚部が鷲の足のデザインになっていたりすることから、同家に関わる上流階級の注文品とみられる。

 開演は二十六日午後一時(同零時半開場)、同二時十分終演予定。チケット予約は不要で、当日受け付けで五百円を支払う。未就学児は入場できない。問い合わせはミューズチケットカウンター=電04(2998)7777=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報