東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

狭山茶の蒸しパン「いいね」 入間の仏子小、お茶使った給食週間

給食で提供されたお茶入り蒸しパンを手にする児童たち=入間市で

写真

 茶どころ入間市の市立仏子小学校で十六日、新茶シーズンに合わせ、狭山茶を使った給食「お茶入り蒸しパン」が提供された。

 入間市は全十六の市立小学校内に調理場があり、この時季は狭山茶を使ったさまざまな給食を提供している。仏子小は十四〜十九日を「狭山茶 給食献立週間」とし、蒸しパンのほか、「狭山茶揚げパン」「お茶入りふりかけ」「茶めし」などを日替わりで提供する。

 蒸しパンをほおばった五年の大山アヤさん(10)は「口の中でお茶の香りと味が広がった」、関根雪粋(ゆずき)さん(10)は「もちもち感とお茶の味がたまらない」と顔をほころばせた。

 同校の学校栄養士昼間伸子さんは「地産のお茶をさまざまな形で食べる体験を通して、お茶の素晴らしさを次世代に伝えるきっかけにしてほしい」と話した。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報