東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

トイレの紙で熱中症防げ 熊谷市が豆知識印刷 1万ロールを設置へ

写真

 夏の厳しい暑さで知られる熊谷市は、市内の公共施設に熱中症予防の豆知識を印刷したトイレットペーパーを設置する、と発表した。水に流しても問題のない特殊な青インキを使用した。

 六月中にも市役所や公民館、図書館などに順次、計一万ロールを置く。トイレットペーパーを活用した熱中症の注意喚起は「全国的に珍しい」(同市)という。

 熱中症予防法として「水分は一度にがぶ飲みせず、こまめに少しずつ飲みましょう」「暑い時は無理をせずエアコンを使いましょう(扇風機を一緒に使うと効果的)」など七種類の文面が印刷されている。

 市のキャラクターニャオざねや県のコバトンなどのイラストを付け、親しみを持たせた。 (花井勝規)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報