東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

全国統一試験前に面接 ふじみ野市職員採用 県内初、併願可能に

 ふじみ野市は来年度の職員採用から、全国統一の筆記試験実施日(今年は九月十六日)に先立つ八月一〜五日、受験者全員の面接による一次試験を実施することにした。昨年度に統一試験を利用した県内五十九市町村の中で初めての試みという。

 公務員志願者は、ふじみ野市の一次試験に落ちても別の自治体で統一筆記試験を受けられることになり、併願が可能になる。

 市人事課の担当者は「スタートの段階から人物重視を打ち出した。先に面接を行うことで、優秀な人材だけを二次試験につなげるほか、他自治体を受験しようと思っていた人材も呼び込める」としている。

 一次試験後の日程は八月下旬に一次試験合格発表、九月十六日に二次試験(統一試験・筆記)、十月上旬に二次試験合格発表、十月十五〜二十日に三次試験(集団討論、個別面接)、十一月上旬、三次試験合格発表。 (中里宏)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報