東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

小川町長選 あす投開票 現新3人が舌戦

 小川町長選は二十七日、投開票される。立候補しているのは、無所属新人で元町議の高瀬勉さん(33)、再選を目指す無所属現職の松本恒夫さん(71)、諸派新人で政治団体代表の柾木鍾伍さん(87)の三人。

 高瀬さんは第三子以降の子育て支援拡充や町政への住民参加推進などを、若さを前面に出して訴える。

 松本さんは元県議の経歴や県とのパイプを強調。東武東上線小川町駅周辺の再開発などを公約する。

 柾木さんは町職員の意識改革と町政の刷新、東秩父村との合併推進、議会運営の円滑化などを主張する。

 投票は二十七日午前七時から午後八時まで行われ、同八時五十分から即日開票される。二十一日現在の選挙人名簿登録者数は二万七千六人。(中里宏)

◇小川町長選立候補者(届け出順)

高瀬勉(たかせつとむ) 33 無新 

 会社役員・町サッカー協会理事長(元)町議▽立正大中退

松本恒夫(まつもとつねお) 71 無現<1>

 珠算学習塾経営(元)県副議長・町議▽中大中退    

柾木鍾伍(まさきしょうご) 87 諸新 

 政治団体代表▽新潟明訓高            

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報