東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

期限守って「得」を 自動車税納付で県がキャンペーン

 自動車税の納付期限が三十一日に迫っている。県は期限内に納めれば協賛店で割引などの特典を受けられるキャンペーンを行い、納税率向上を目指している。

 キャンペーンは昨年から始めた。期限内に納めたことを示す領収書を協賛店で提示すると、商品の割引を受けられたり粗品をもらえたりする仕組みだ。

 昨年は自動車用品店やガソリンスタンドなど七企業二百六十一店舗が対象だったが、今年は紳士服店など自動車に関係ない業種も含めた十八企業四百八十九店舗に拡大している。対象店舗は県のホームページ=自動車税「納めてプラス!」キャンペーン=で確認ができる。

 二〇〇二年に62・7%だった納期内納税率は、コンビニエンスストアの店頭やクレジットカードでの納税ができるようになったことで次第に上がり、一六年には78・4%になった。昨年は特典キャンペーンを始めた効果もあり、79・9%まで上がったという。 (井上峻輔)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報