東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

鉄博の来館1000万人突破 7月には新館

鉄道博物館の来館者1000万人目を飾り、記念品を贈呈される大堤絢斗君(中)=さいたま市大宮区で

写真

 歴史的な蒸気機関車(SL)など数多くの列車を展示し、昨年十月に開館十年を迎えた鉄道博物館(さいたま市大宮区)の来館者が二十六日、一千万人を突破し、記念セレモニーが開かれた。

 節目を飾った来館者は両親、祖父と四人で訪れた千葉県松戸市の小学三年大堤絢斗君(8つ)。C57形式SLの前で行われたセレモニーで終始照れくさそうにしていたが、記念品として新幹線を模したリュックサックや文房具を受け取ると笑顔を見せた。

 父親の会社員司之さん(37)は「大人も子供も楽しめる場所なので、また来たい」と話した。

 鉄道博物館は、二〇〇六年に閉館した交通博物館(東京)を引き継ぎ、JR東日本創立二十周年を記念して〇七年十月に開館。国内最大級のジオラマや、さまざまな列車の運転が体験できるシミュレーターがあるほか、日本初のSL「1号機関車」などの実物を展示している。七月には新館がオープンする予定。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報