東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

67歳フォークデュオ、結成30年 来月3日秩父で演奏会

結成30周年を迎えるコスモスの浅見さん(左)と水野さん=秩父市で

写真

 主に秩父地域で活躍するフォークグループ「コスモス」が六月三日、秩父市の秩父宮記念市民会館で結成三十周年の記念演奏会を開く。一九六〇、七〇年代の代表的なフォークソングとオリジナル曲など約二十曲を披露する。

 コスモスは、いずれも秩父市在住の水野晴夫さん(67)と浅見典司さん(67)のデュオ。小、中、高校の同級生で、当時流行のグループサウンズに影響を受け、高校生の頃からギターを弾いていた。

 コスモスは八八年六月に結成。これまで秩父地域のライブハウスや喫茶店、グループホームなどで活動してきた。市内で九五年に開かれた自転車レース「ツール・ド・秩父」の開会式で、オリジナル曲を披露したこともあった。

 演奏会はビートルズの「涙の乗車券」、吉田拓郎の「落陽」のほか「四月の風」「オリエント・ビーナス」などのオリジナル曲を歌う。来場した家族ごとに記念CDをプレゼントする。秩父屋台囃子(やたいばやし)やフラダンスなどの出演もある。

 午後一時開場、二時開演。チケットは前売り千円、当日千百円。障害者と十八歳未満は無料。問い合わせは水野さん=電090(1602)7915=へ。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報