東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

農体験通して知る秩父 市と豊島区が「お試し」催し

サツマイモの苗を植え付ける参加者(左)=秩父市で

写真

 秩父市の姉妹都市、東京都豊島区の区民らが、畑仕事を楽しむ「お試し農体験」が五日、秩父市野坂町の畑であった。太陽が照り付ける夏空の下、十二人の区民がサツマイモの苗の植え付けに励んだ。

 秩父を知り、都心と地方で生活する二地域居住や秩父移住を検討するきっかけづくりにしてもらおうと、市と区が主催した。

 畑は、西武秩父駅に近い織物業新井秀雄さん(70)方の約百平方メートル。参加者は、雑草除けのマルチシートを畝にかぶせた後、農家の手ほどきを受けながら、一本ずつイモの苗を植えた。

 参加者は今後も秩父を訪れ、草刈りや収穫などに携わる予定だ。

 豊島区の中橋一雄さん(83)は「区内でもトマトやジャガイモをつくっているが、だいぶ土が違う。爽やかな空の下でする農作業はまた格別ですね」とほほ笑んだ。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報