東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

浦和で高文祭全国大会壮行会 「全力を尽くす」

練習の成果を披露する川越東高校の生徒ら=さいたま市で

写真

 高校総合文化祭の全国大会「2018信州総文祭」に出場する県代表の壮行会が十三日、さいたま市浦和区の埼玉会館であった。八月七日〜十一日に長野県で行われ、県内五十三校四百十五人の生徒が出場する。

 壮行会では、出場校の合唱団が、練習の成果を披露。踊りや手拍子を交えた吹奏楽の演奏などに会場は沸いた。

 上田清司知事は「文化活動は世界と交流を深められる素晴らしいツール。この機会に全国のみなさんと交流してほしい」と激励。

 代表で決意表明した所沢北高校音楽部部長の近藤真生(まお)さんは「日々の努力の成果を十分に発揮し、県代表として全力を尽くす」と誓った。 (牧野新)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報