東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

早咲きのユリ見ごろ ところざわのゆり園

見ごろを迎えた早咲きのユリ=所沢市の「ところざわのゆり園」で

写真

 所沢市の「ところざわのゆり園」で、早咲きのすかしゆり種が見ごろを迎え、並行して遅咲きのハイブリッド種も咲き始めた。二十日前後には双方の「コラボ咲き」が楽しめるという。

 三万平方メートルの敷地内に五十種・四十五万株のユリが植えられている。黄、ピンク、赤、白、オレンジのユリが斜面に広がる「五色の丘」や、高い場所から眺められる「見晴の丘」などは見応えがある。

 園内には一周千メートルの「自然散策コース」と、高齢者や体の不自由な人もユリを楽しめる百五十メートルの「らくらく観賞コース」がある。らくらくコースは休憩所周辺にカーペットを敷き詰め、雨天時でも滑りにくい工夫をしている。

 担当者は「開花は平年並み。遅咲きは七月初旬まで楽しめそう」と話した。

 西武線西武球場前駅から徒歩三分。入園料は中学生以上千百円、四歳〜小学生三百五十円。七月八日まで営業予定。問い合わせは「ところざわのゆり園」=電04(2922)1370=へ。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報