東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

W杯日本勝利に大歓声 浦和でPV

大迫選手の勝ち越しゴールが決まり、大喜びするPVの参加者=さいたま市で

写真

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の初戦を見事に勝利で飾った日本代表。十九日夜、浦和コミュニティセンター(さいたま市浦和区)であったパブリックビューイング(PV)に約三百五十人が集結し、大声援を送った。

 強敵コロンビアを相手に前半六分で先制すると、早くも歓喜に包まれた。相手選手の反則退場で数的優位に立った日本を後押ししようと、何度も「ニッポン」コールが続く。ピンチの場面で地元出身のゴールキーパー川島永嗣選手に声援を送ったが、同点に追い付かれて前半を終えた。

 ハーフタイムで市内の会社員嶋岡正充さん(64)は「日本が一人多いのだからシンプルに考えて攻めてほしい」。その願いは後半二十八分、大迫勇也選手の勝ち越しゴールにつながり、熱気は最高潮となった。

 相手の反撃をしのいで勝利が決まると、「やったー」と大歓声。参加者同士で握手し、日本の劇的勝利を祝った。東京都世田谷区の会社員中村由美子さん(53)は「周囲は負け予想だったが、『もしかしたら』と思っていた。次戦はもっとチームをよくして頑張ってほしい」と喜んでいた。

  (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報