東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

手打ちのこしの強さ味わう 加須「うどんの日」で即売会

「加須市うどんの日」に開かれた手打ちうどんの即売会=加須市で

写真

 六月二十五日はうどんの日−。加須市の加須文化・学習センター「パストラルかぞ」で二十五日、市が条例で定める「うどんの日」を記念し、手打ちうどんの即売会があった。市内の十九店舗でつくる「加須手打うどん会」(中村賢司会長)の会員らが手打ちうどんを実演し、市民らが味わった。

 市などによると、うどんの日は、市内の不動ケ岡不動尊總願寺に残る江戸時代の礼状の日付にちなむ。礼状は、同寺から加須名物のうどん粉を贈られた館林城(現在の群馬県館林市)の城主松平清武からのもので、加須市のうどん食文化の歴史が三百年以上前にさかのぼることが確認されたという。

 中村会長は「加須のうどんは手打ちで、こしが強い」と強調。条例は郷土料理のうどんの魅力を全国に発信しようと二〇一三年に制定された。

 この日の即売会は、一杯五百円のてんぷらうどんと持ち帰り用うどんの計千百食分を用意。市内に今年引っ越してきて長男(1つ)と初めて即売会に来たという女性(40)は「こしがあっておいしかった。子どももすごく食べやすいようだった」と話した。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報