東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

シャガールらの名作や新収蔵品など58点展示 県立近代美術館

シャガールの「二つの花束」(左)などが並ぶ展示会場=さいたま市で

写真

 巨匠シャガールの名作などを展示する「MOMAS(モマス)コレクション第1期」が、さいたま市浦和区の県立近代美術館で開かれている。八日まで。

 同館の収蔵作品を中心に年四回行う展示プログラム。西洋近代絵画のほか、版画や彫刻など最近新たに収蔵品となった作品も合わせて計五十八点を並べた。

 マルク・シャガールの作品は一九二五年作の「二つの花束」。美しい花束と背景に広がる街並みが印象的な名作だ。街は故郷の町とされていて見る人を引きつける。その他に、裸婦と猫を描いたレオナール・フジタの名作や県ゆかりの美術家たちの力作も多く展示する。会期中は毎日午後二時から三十分程度、展示作品の解説がある。月曜休館。観覧料は一般二百円、大高生百円、中学生以下無料。開館時間は午前十時〜午後五時半。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報