東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

安全「三つの約束」劇を通して訴え 伊奈の幼稚園で防犯教室

園児に防犯意識を伝える警察官ら=伊奈町で

写真

 子どもに自由な時間が増える夏休みを前に、防犯意識を高めようと県警と日本マクドナルドは四日、伊奈町のしろがね小室幼稚園で、園児に劇などで安全な過ごし方を訴えた。警察官は園児らと「(外で)一人にならない」「(知らない人に)ついて行かない」「(危ないときは)大きな声で『助けて』と言う」の三つの約束を結んだ。

 劇は女性警察官の防犯指導班「ひまわり」が担当。人形や動物の絵を使った話に約三百人の園児は興味津々。「一人で遊んでる子は連れて行かれやすい」などを交えながら、防犯知識を園児に伝えた。

 県警は今年一〜五月までに、小学生以下の子どもへの不審な声掛けを七百二十二件確認。声掛けは誘拐などの重大事件に発展する前兆とされる。劇に、マクドナルドのキャラクターも登場した。 (牧野新)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報