東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

ちょうちん山車 夜空彩る 久喜で「天王様」祭り

写真

 二百三十余年の歴史を誇る「久喜提燈(ちょうちん)祭り『天王様』」が12日、久喜市であった。夜には6台の山車が集結し、それぞれの山車の4面に飾り付けられた約500個のちょうちんが夏の夜を彩った。

 祭りは八雲神社の祭礼。江戸時代の1783(天明3)年の浅間山噴火で農作物が全滅したことによる生活苦などを取り除くため、山車を引き回して豊作を祈願したのが始まりとされる。

 JR・東武久喜駅周辺の各町内で引き回されたちょうちん山車6台は午後8時すぎ、駅西口広場に集結。高さ約7.5メートル、総重量約4トンの山車をぶつけ合ったり、山車の上部を回転させたり勇壮な動きを披露して観衆を魅了した。

 加須市から来た女性(20)は「迫力があった。ちょうちんの赤い色が映えてきれい」と満足そうだった。

 山車の巡行は18日もある。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報