東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<夏の高校野球>本庄東、シード栄北破る 南北16強出そろう

本庄東−栄北 7回表に勝ち越しの生還を果たし、喜ぶ本庄東・竹石選手=さいたま市の大宮公園球場で

写真

 第100回全国高校野球選手権記念埼玉大会は十五日、さいたま市の大宮公園球場などで北大会の3回戦16試合が行われ、南北両大会の16強が出そろった。本庄東が栄北に投手戦の末、2−1で勝利し、シード破りを演じた。十六日は4回戦16試合が行われる。

 本庄東は、瀬田椋平投手(二年)が八回まで毎回走者を出しながらも180球を超える粘投の末に完投。打線は同点の七回表2死から、代打・竹石海翔(三年)と野口竜之介(二年)両選手の連続二塁打で勝ち越しの1点を奪った。

 栄北は二回1死満塁、岩崎陽大(はると)選手(三年)の犠打で先制。その後は八回まで毎回走者を出したが得点につながらなかった。

 本庄東の田中和彦監督は「まさかシードを倒すとは思っていなかった。(完投した)瀬田が最後まで逃げずに気持ちでぶつかったことが勝ちにつながった」と話した。

 昨夏の甲子園覇者・花咲徳栄は、八潮南と対戦。三回に打者12人の猛攻で9得点するなど12−0で五回コールド勝ちした。(牧野新)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報