東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

悪霊退散願い神輿に水 秩父川瀬祭・大祭

写真

 秩父川瀬祭は20日、大祭を迎えた。秩父市の荒川では、白装束の氏子らが重さ約400キロの神輿(みこし)を担ぎながら流れに入る「神輿洗いの儀式」があった。

 神輿は秩父神社を出発し、秩父公園橋そばから川に入った。「わっしょい、わっしょい」という掛け声の中、少しずつ上流へ。河川敷の斎場の近くにたどり着くと、氏子らが一斉に神輿に水を浴びせ、悪霊退散を願った。

 8町の山車は19日に引き続き、この日も炎天下の中心市街地を巡回。夕方から夜にかけては各町の山車が散開する「ひき別れ」があり、祭りはフィナーレを迎えた。 (出来田敬司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報