東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

新駅舎 ふさわしい姿は 東武野田線七里駅アンケート始まる

 さいたま市は、橋上駅舎化などを検討している東武野田線七里(ななさと)駅(見沼区)の新たな駅舎デザインを決めるアンケートを始めた。街の顔にふさわしい駅の姿を市民や駅利用者に選んでもらおうと、三つの案から一つに投票する内容。25日まで受け付けている。 (藤原哲也)

 市によると、同駅は改札が南口のみでアクセスが悪いという課題がある。そのため市は橋上駅舎化と南北を結ぶ自由通路整備に向けた駅舎改修事業を決めた。

 駅舎デザインの案はガラスやタイル、石などの素材を組み合わせて街並みに配慮したA案、素焼きのブロックや「土塗仕上げ」を組み合わせて豊かな自然環境をイメージしたB案、金属や木材、タイルなどの素材を組み合わせ、街の新たなシンボル性を高めるC案の三つ。

 アンケート結果は九月上旬に公表する。

 七里駅と見沼区役所、春岡・七里各支所にアンケート用紙と回収箱を設置している。問い合わせは、市区画整理支援課=電048(815)8726=へ。

A案のデザイン

写真

B案のデザイン

写真

C案のデザイン

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報