東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<夏の高校野球>北大会 決勝は花咲徳栄×上尾

花咲徳栄−滑川総合 2回表に先制の満塁本塁打を放つ花咲徳栄の新井英一選手=大宮公園球場で

写真

 第100回全国高校野球選手権記念埼玉大会は二十二日、さいたま市の大宮公園球場で、北大会の準決勝2試合が行われた。花咲徳栄は滑川総合に11−0で五回コールド勝ちし、上尾は7−3で昌平を破った。二十三日は南大会の決勝が行われ、浦和学院と川口が対戦する。

 花咲徳栄は二回、新井英一選手(三年)の満塁本塁打を含む、打者10人の攻撃で一気に6得点。その後も三回に2点、四回に3点を奪い、好調な打線が相手を圧倒した。

 滑川総合は、花咲徳栄の先発・野村佑希投手(三年)の切れのある直球と右打者の外角に決まる変化球を捉えられなかった。

 昌平は三回、それまで上尾打線を1安打に抑えていた米山魁乙(かいと)投手(二年)が犠打を狙った際、利き手の左手に投球が当たって病院に搬送。リリーフ投手が上尾打線に打ち込まれた。

 上尾は四回、打者8人の攻撃で3得点。先発の木村歩夢投手(三年)が3失点で完投し、決勝に駒を進めた。(牧野新、藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報