東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

所沢で学校給食センター見学 調理場体験に児童ら感激

大釜のかき混ぜ体験を楽しむ子どもたち=所沢市で

写真

 所沢市の市立第3学校給食センターで二十四日、調理場体験を楽しめる夏休み恒例の「サマーフェスタ」が行われ、多くの親子連れらが参加した。

 普段は入場できないセンターの調理場へ入り、ペットボトルのキャップなど疑似食物の入った大釜をかき混ぜたり、揚げ物を調理するフライヤーの工程を目で追い掛けたり、マイナス二十度の冷凍庫内を体験したりした。

 冷凍庫に入った子どもたちは一様に驚いた様子。「外の暑さを忘れちゃう」「自分が氷の置物になりそう」などと声を上げていた。大鍋をていねいにかき回していた小学三年の工藤愛奈さん(8つ)は「給食をつくるところを見たくて初めて来た。楽しかった」と話した。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報