東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

日本一の茶づくり栄冠 手もみ茶品評会で中島毅さん満点獲得

手もみ茶品評会で農林水産大臣賞を獲得した中島毅さん(右)と田中龍夫市長=入間市役所で

写真

 「第二十六回全国手もみ茶品評会」で、二年ぶり六度目の一等一席(農林水産大臣賞)に輝いた入間市の狭山茶生産農家中島毅さん(38)が、市役所を訪ね田中龍夫市長に報告した。

 中島さんは「今年は積雪と残雪、マイナス十度近い寒さなどに不安を覚えた」と振り返った。気象条件に対応した茶園管理、万全の準備と後悔のない出品茶づくりを心掛けたという。

 品評会は十二日、静岡県であり、全国十五都府県から百十九点の手もみ茶が参戦。中島さんは「形状」「色沢」「香気」「水色」「滋味」の五項目による審査で、唯一の二百点満点を達成した。

 中島さんを含む「入間市手揉狭山茶保存会」の会員たちも上位に名を連ね、十三年連続の「産地賞」を獲得。中島さんは「破られることのないであろう、この大記録の更新にも貢献していきたい」と抱負を語った。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報