東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

全国高校かるた大会 団体戦 浦和明の星女子が初V

優勝した浦和明の星女子のメンバー(県高等学校文化連盟小倉百人一首かるた専門部会提供)

写真

 大津市で七月下旬に開かれた第四十回全国高校小倉百人一首かるた選手権大会で、県代表として出場した浦和明の星女子が団体戦で初優勝を飾った。優勝は県勢でも初めて。

 団体戦には各都道府県代表の六十一チームが参加。県内からは六月の県大会で優勝した浦和明の星女子と準優勝の星野が出場。浦和明の星女子は予選トーナメント三回戦を勝ち抜き、決勝トーナメントに進出した。初戦で浜松西(静岡)、準決勝で中津南(大分)を制し、決勝では前年まで二年連続して三位だった地元の古豪、膳所(ぜぜ)(滋賀)を見事に下した。星野は予選二回戦で暁星(東京)に惜敗し、涙をのんだ。

 浦和明の星女子三年の松浦由(ゆい)主将は「チームのみんなとの信頼でつらい場面を乗り越えて優勝でき、とてもうれしい。これからも常にチャレンジャー精神を忘れず、明るく楽しい団体戦をしていきたい」と話した。

 A級からD級に分かれて行われた個人戦には二千十九人が参加した。 (大西隆)

 県内の入賞者は次の皆さん。(敬称略)

 【A級】準優勝=西えりか(星野)▽4位=松浦由(浦和明の星女子)

 【B級】3位=近藤結(浦和明の星女子)▽4位=中山洋子、鈴木優希(同)上松桜子(星野)米田実咲(同)

 【C級】優勝=上田凪紗(大宮)北條なつき(星野)▽3位=弓削日向子(浦和明の星女子)▽4位=志風美雨(星野)下川樹、高田凜香(同)

 【D級】優勝=最上花子(大宮)丸山美紅(同)▽準優勝=橋本琉ノ介(同)▽3位=駒崎燈(浦和第一女子)出口凜佳(星野)尾中美月、松本紀香、飯塚早詠、馬場友里菜(同)▽4位=外村芽生(浦和第一女子)榎本彩夏(星野)高根眞桜、野間満里奈、大舘咲紀、橋本桜音、後藤和歩、岩間華音、豊田菜月(同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報