東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<甲子園だより>花咲徳栄・岩井監督「思い切って楽しく」 鳴門ときょう初戦

健闘を誓って握手する花咲徳栄の岩井監督(右)と鳴門の森脇監督=甲子園球場で

写真

 第100回全国高校野球選手権記念大会で、北埼玉代表の花咲徳栄は大会4日目の8日、第4試合で鳴門(徳島)との初戦を迎える。花咲徳栄の岩井隆監督と鳴門の森脇稔監督に対戦チームの印象や意気込みを聞いた。 (藤原哲也)

 −相手の印象は

 岩井監督 非常に勢いがあって何かがあるチームだと思う。その何かを試合の中で見つけたい。

 森脇監督 昨年全国制覇をして、その先輩たちと練習してきている。経験があり、勝ち方を知っているチームだと思う。

 −警戒している選手は

 岩井監督 下級生が多く出ているのはうちとよく似ている。三年生の主力が引っ張り、一、二年生が乗っていく形だと思う。センターラインに入る選手は警戒しないといけない。

 森脇監督 野村(佑希)選手を中心に、投打のバランスが取れたチームの印象がある。やはり投打の軸の野村選手だと思う。

 −意気込みは

 岩井監督 優勝旗返還を全員で来られるように、今まではプレッシャーの中で戦ってきた。一つの目標が達成できたので、思い切って楽しくやらせたい。

 森脇監督 前年の優勝校とゲームができて光栄。若いチームなので元気よく、どういう状況でもあきらめずに戦っていく。のびのびと明るくいきたい。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報