東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

コアラの赤ちゃん 母親の袋から不明

 県こども動物自然公園は十日、雌のコアラ「ハニー」のおなかの袋にいた赤ちゃんが行方不明となり、死んだ可能性が高いと発表した。死んだとすると同公園で繁殖した四十七匹のうち、母親の袋から落下したり、袋の中で死んで見つかったりした事例で十件目という。

 同公園によると、赤ちゃんは六月二十日に生まれた。七月二十七日までハニーのおなかの袋の中で動いているのが確認されていたが、今月一日から動く様子が観察できなくなり、四日に袋の中を調べたところ、赤ちゃんがいなくなっていることが分かった。

 ハニーは初めての出産。コアラ舎では日頃、床に落ちたふんの一粒まで観察し、夜間の様子もビデオ撮影しているが、異常はみられなかったという。

 赤ちゃんは七月末時点で五百円玉ほどの大きさ。同公園は、えさのユーカリの枝を挿すポットの中に落ちたり、床に落ちたユーカリの葉の間に紛れたりして気付かなかった可能性があるとしている。 (中里宏)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報